【まるでソファー】バウヒュッテのゲーミングチェア「G-370」が座り心地、コスパ共に最強

  • URLをコピーしました!

とうとうデスクチェアを購入しました!
これまではニトリで購入した安価なイスを使っていたのですが、ブログ執筆に専念するためにとうとうチェアを導入。

とても良い買い物をしたと思うので、ブログで感想をまとめておきたいと思います。

目次

なぜ購入したのか

僕はこれまでリビングに置いてある机と椅子で作業していました。
ご飯を食べる分にはこの椅子は良いのですが、長時間のPC作業となると腰がちょっと痛んできてしまうのが難点でした。

僕はカフェなどに行かず自宅でブログを書くことが多いため、これを機に作業用の椅子を購入することに決めた、というのが最大の理由です。
やっぱり自宅にいい環境を揃えていきたいですよね。

試座するのがおすすめ

ゲーミングチェアの選び方についてですが、なるべく試座するのがオススメです。
なぜなら椅子は意外と高価な買い物
高いものだと20万円以上するものもあるそうです。

ネットの評判だけで購入するのはかなり怖いうえに、中々重量もあるので返品も面倒。
ということで、実物を見て購入するのが一番いいと思います。

名古屋は東急ハンズに行け

僕は愛知県在住なのですが、名古屋はゲーミングチェアを扱っているお店が本当に少ない
名古屋のビックカメラで最大の品揃えを誇るであろうゲートタワー店でも、4つしか置いていないという…

そこでオススメなのが、東急ハンズ名古屋店です。
ここは品揃えが本当に豊富で、約10個近くゲーミングチェアを試座することができました。
東海地方在住の方は、ビックカメラでもヨドバシでもなく、東急ハンズ名古屋店に行っていただくのが本当におすすめ。

さて前置きがとても長くなってしまいましたが、ここからは実際に試座して購入したゲーミングチェアを紹介します。

Bauhutte G-370

今回購入したのは、Bauhutte(バウヒュッテ)というブランドの、G-370というモデル。
2021年12月に発売されたばかりの新モデルで、旧モデル(G-350)よりも座り心地の改善と値下げを実現したモデルとなっています。

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)

抜群の座り心地

G-370の最大の魅力は、やはり抜群の座り心地です。
ファブリック生地による座り心地は、まるで大きなソファーに座っているかのよう。

当初はメッシュ生地の方が通気性もあって良いのかなと思っていたのですが、ソファーのような座り心地の良さが最大の決め手となりました。

またアームも好みの高さに上下できるうえに、最大150度までリクライニングも可能。
好みの座り心地に設定できるのが、こうしたイスの強みです。

ウチは全く同じものを2台購入したのですが、リモートワークが中心の妻(身長150cm)も快適に使っています。

腰を支えるクッションが付属

また腰を支えるための大きなクッションも付属。
マジックテープなどの固定は無いため、単に”置くだけ”という感じの使い方になります。

僕はデスクで作業する際は使ったり使わなかったりと半々。(無くても腰は安定する)
シーンや座り心地を変えたいときなどで使い分けています。

生地は2タイプ存在

G-370は僕が購入したファブリックタイプの他に合皮レザーのタイプが存在し、部屋の雰囲気や好みに合わせて生地を選ぶことができます。
両者の値段は変わらないため、お好みで選ぶのがいいと思います。

背面ポケットが便利

背面にはポケットがあります。
Macbookなどを収納することもできるので、地味に便利です。

ちなみにこちらはMacBookProの16インチ。
参考までに。

他のイスと比べて安すぎる

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)

Amazonでの値段は35800円(2022年1月時点)。
他のゲーミングチェアが5万円以上する中で、これは破格の値段。
先ほどご紹介した東急ハンズの中でも一番安かったです。

だからといって品質が悪いわけではなく、日本のブランドであるため品質もある程度保証されているかなと思います。
耐久性などについては、これから使い続けて試していきます。

組み立ては大変

ゲーミングチェア全般に言えることですが、組み立てはちょっと面倒くさいです。
特にキャスターを足に埋め込むのが硬くて超難関。女性一人だとかなり大変だと思います…

キャスターについては最初から組み立てた状態で入っていた方が、ユーザーの満足度は高まるのでは?と思いました。
これを見たバウヒュッテの方がいらっしゃいましたら、改善の方よろしくお願いします。

ちなみに組み立てについては六角レンチが封入されているため、新たに工具を購入する必要はありません。
組み立て時間については、僕は45分ほどかかました。

座り心地とコスパが良いチェア

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)

世の中にはたくさんのゲーミングチェアがありますが、このバウヒュッテG-370は座り心地とコスパを両立させたチェアになっているのではないかと思います。
前モデルが完売続出だったそうなので、このモデルも品薄が予想されます。

コスパの良いイスを探している方は、是非検討してみてください。

あわせて読みたい
【首肩腰の痛み軽減】ノートPCの角度調整に、Boyataのノートパソコンスタンドを購入しました。 僕は現在、リビングで食事をするデスクの上にノートPCを置いて、ブログ作業をしています。 先日バウヒュッテの椅子を購入してからら座り心地はとても快適になったのです...
あわせて読みたい
【コスパ最強イヤホン】Anker Soundcore Liberty Air 2 Proを半年使ってみた感想【レビュー】 僕は半年前まで有線のイヤホンしか使ったことが無かったのですが、ついにワイヤレスイヤホンを購入しました。ワイヤレスになったことでポケットに入れていたイヤホンの...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

心地いい部屋を作ることが趣味なアラサー男子。ファッションやカメラ、ウルトラマンなどが好きです。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる