【使用歴1年以上】『lumena H3』はパワフルでシンプルな卓上加湿器

  • URLをコピーしました!

これを書いている1月現在、乾燥している日々が続いています。
我が家は洗濯物を部屋干しさせているのでそこまで乾燥はひどくないのですが、干していないときは中々に乾燥しています。

ということもあって我が家にも加湿器が置いてあるのですが、今回は僕が長い間使っている加湿器についてご紹介。

目次

卓上加湿器を選んだ理由

僕が今実際に使っているのは、卓上加湿器です。

卓上加湿器とは、机の上などに置ける小型の加湿器。
コンパクトなためオフィスや寝室など自由に持っていくことができ、バッテリー式でどこでも使えるというのが特徴。

本当は大きな空気清浄加湿器が欲しかったのですが、妻が湿度もホコリも気にならないということで卓上加湿器を選ぶことで話が落ち着きました。

また我が家は1LDKでリビングと寝室を分けているので、手軽に寝室に持っていけるということで、これはこれで良かったのかもしれないなと思ったり。

lumena H3

我が家で1年以上にわたって使い続けている卓上加湿器が、こちらのLUMENA H3
まるでスピーカーなど何かのガジェットに見えてしまいそうなシンプルなデザインです。

ここからはH3を買ってよかった点についていくつかご紹介していきます。

created by Rinker
LUMENA(ルーメナー)
¥7,700 (2022/10/07 19:06:12時点 Amazon調べ-詳細)

見た目も使い方もシンプル

まずは上記にも書きましたが、見た目がとてもシンプルということ。
グッドデザインアワード2020においてグッドデザイン賞を受賞しており、まるでインテリアに馴染んでしまいそうなオシャレシンプルなデザインが良いですね。

created by Rinker
LUMENA(ルーメナー)
¥6,500 (2022/10/07 19:06:13時点 Amazon調べ-詳細)

正直なところ、形は円柱状のH2の方が好みだったりするのですが、後述する二つの噴出口によってこうなっているためこの辺りは性能とのトレードオフでしょうか。

使い方もシンプルで、背面に付いているボタンを押すだけ。
一度押すと噴出口1つからミストが出て、もう一度押すと噴出口二つからミスト、さらにもう一度押すと止まるという超シンプル。

ちなみに僕はあまり使っていませんが、長押しするとLEDライトが点きます。
もう一度長押しすると消え、災害時など緊急時に使えます。

パワフルな水蒸気量

H3の最大の特徴は、噴出口を二つ搭載している(ダブルミスト)という点。
ミストの噴出量が多いため、部屋や身の回りをすぐに潤してくれます。

ミストの量が多いにも関わらず、駆動音はほぼ無し。
耳を近づけてようやく「スー…」という音が聞こえるくらいです。

水もバッテリーも大容量


卓上加湿器の中では少し大きいサイズ感であるため、水とバッテリーについては大容量(水700ml バッテリー2500mAh)になっています。
コードレスで使うことが多いため、容量が大きいのはとても助かります。

最新モデルのH3プラスはバッテリーが約1.5倍以上の4000mAhになっているそうなので、さらに使い勝手が良さそうです。

created by Rinker
LUMENA(ルーメナー)
¥7,700 (2022/10/07 19:06:12時点 Amazon調べ-詳細)

安全性が高い(水が無くなったら自動で電源止まる)

フィルターを使うコードレス加湿器で最も怖いのが、空焚きによる
内部の水が無くなると、自動で電源がオフになるように設定されています。

そして落としたり逆さになっても、水は溢れないうえに故障しないという頑丈な作り。
何度かテーブルから落としたことがあるのですが、毎回無事でした。

充電はUSB-Cで

充電端子は、USB-Cを装備。
MacBook AirやProなどの充電器がそのまま使えます。
microUSBじゃなくて本当に良かった…!

LUMENA H3の、残念な点

ここからはH3のデメリットについてご紹介していきます。
製品のデメリットというより、主に会社に対してが多めです。

順番にご紹介していきます

よく加湿器の周りが水浸しになる

ミストの量が強すぎるのか、噴出口二つの状態で放っておくとたまに周りが水浸しになっていることが多々ありますので注意。
ベッドの近くに二つ噴出してる状態にして置き、朝になったら周りが水浸しになっている…ということが何回かありました。

なので僕は寝る時はシングルミストにし、水はほどよい量を入れて数時間で止まるように調整しています。

ただ、水浸しになる原因は部屋が加湿されすぎているということらしいです。
加湿が強すぎるというのも難点なのかもしれません。

専用の芯が売っていない

クラウドファンディング時には専用フィルターを販売していたそうですが、現在は同ブランドから専用のフィルターは販売されていません。
そのため僕はAmazonで似たサイズのフィルターを別途購入しました。

created by Rinker
KEEPOW
¥1,499 (2022/10/07 19:06:14時点 Amazon調べ-詳細)

これだとサイズがぴったりでした。
大き過ぎて入らない場合は、ハサミで数センチカット。
これを書いている今現在も問題なく使えています。

サポートが弱い(どこに連絡したらいいか分かりづらい)

LUMENAは韓国の製品であり、日本では代理店のKMコーポレーションが行なっています。
しかしKMコーポレーションがあまり力を入れていないのか、サポートのWebサイトがとても簡素な作り

おまけにLUMENA H3などとGoogleで検索しても一番上に出てくるのはAmazonなので、この代理店のサイトを探し出すのはかなり困難。
サポートが弱いのは本当に困るので、この辺り改善して欲しいですね。

説明書に日本語が無い

説明書に日本語が無いため、初めて卓上加湿器を購入した方だと使い方・セッティングの仕方がわかりにくいです。
なぜ日本語の説明書を入れない。

もう紛失してしまったのですが、韓国語と英語だった気がします。

パワフルな卓上加湿器を求める方に

ということで、僕が冬場にヘヴィに使っている、卓上加湿器の紹介でした。
加湿性能がパワフルなので、部屋がとても乾燥しているという方にオススメのアイテムです。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥17,800 (2022/10/07 19:06:14時点 Amazon調べ-詳細)

しかし卓上加湿器にしては値段も高い(7,000円ほど)ため、1万円以上出せて機動性皆無で良いという方は加湿空気清浄器を買うことをオススメします

このLUMENAはネットの情報が少ないブランドなので、この記事が気になっていた方の参考になれば幸いです。

created by Rinker
LUMENA(ルーメナー)
¥7,700 (2022/10/07 19:06:12時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

心地いい部屋を作ることが趣味なアラサー男子。ファッションやカメラ、ウルトラマンなどが好きです。

コメント

コメントする

目次