【テロテロコート】ヨウジの定番アウターDRAPE COATがカッコいい。

  • URLをコピーしました!

2021年の秋に、ヨウジヤマモトのテロテロコートを購入しました。
毎年秋頃に出ている定番コートで、これぞヨウジヤマモト!と呼べるようなかっこいいコートです。

まだブログにしていなかったため、今回はそのコートをご紹介したいと思います。

目次

DRAPE COAT

今回ご紹介するのは、公式ではdrape coat(ドレープコート)という名称で販売されているこちらのコート。
通称テロテロコートと呼ばれ、店員さんやお店によってはこちらの名前で販売されていますので、ここではテロテロコートと呼称させていただきます。

チェスターライクの見た目

他に類を見ないデザインのコートになっていますが、形としてはチェスターコートに近いという印象。
チェスターの襟を大きく変形させたようなデザインで、前見頃に大きく生地の分量をとることで生地が折り重なって見えます。

この生地の折り重なりがテロテロコート最大の特徴で、正面の生地がテロっとして見える印象がコートの名称にもつながっています。

ヨウジヤマモトは基本的にスーツを着崩したデザインが特徴ですが、このテロテロコートも「既存のチェスターのデザインを崩して考えられたのかな?」なんて想像してしまいます。

ちなみにデザイン以外はシンプルで、他に余計な装飾や文字は一切なく黒一色でまとめられています。

形はビッグシルエット

肩はドルマンスリーブのような形状で、マントのようなビッグシルエット風。
こうした服ってひとつ間違えると仮装のように見えてしまうのですが、ちゃんと袖もありますしチェスターライクな見た目やボタン・ポケットなども設けられているため、街着として使えるギリギリのラインを付いている感じです。

脇にはスリットも設けられているので、実は肩周りが動きやすくなっているのも特徴。
きちんとコートとして使える親切設計です。

ウールギャバジン100%

生地はヨウジヤマモトおなじみの、ウールギャバジン100%
裏地にはキュプラが使われているので、とても着心地の良いコートです。

ちなみにスーツ生地なので、生地の厚みは春秋用のような薄さ。
真冬にアウターとして着る際は、インナーを厚めにしたり着込むことが必須です。


サイズ感

ネットに出ていたサイズ感は以下の通り

サイズ着丈肩幅身幅袖丈
2(S)103cm71cm67cm53.5cm
3(M)106cm72cm68cm55.5cm

僕は170cmでサイズ2を着用しています。
ヨウジのコートにしては着丈もそれほど長くので、実はとても使いやすいコートです。

ちょっと重い

生地の分量が多いためか、コート自体の重さはそれなりにあります。(薄さの割に重いという意味です)
デザインがカッコいいので、そのあたりはトレードオフ。

値段も重い

ヨウジのコートのため、値段もそれなりに重めです…
僕は店舗で購入したのですが、税込154,000円
値段を噛み締めて、大事に着たいと思います。

ヨウジを代表するコート

テロテロコート

ヨウジヤマモトからは毎年色々なコートが出ていますが、こちらはその中でも代表的なコートと言えるかもしれません。
ヨウジっぽい見た目のアウターを探している方におすすめのアイテムです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

心地いい部屋を作ることが趣味なアラサー男子。ファッションやカメラ、ウルトラマンなどが好きです。

コメント

コメントする

目次
閉じる