ヨウジヤマモトのカラスパンツ(コットン素材)を購入しました。

  • URLをコピーしました!

夏用に、ヨウジヤマモトのカラスパンツを購入しました。
ヨウジではカラスパンツが大好きで既にウールギャバジン素材のものを持っているのですが、好きが高じて2着目としてコットン素材のものを購入しました。

目次

カラスパンツ

8部丈で股上の深いサルエルパンツの後ろ側に、カラスの尾のようになびく裾が取り付けられたカラスパンツ。
後ろ側の主張が強いかと思いきや、前面だけでもヨウジっぽさが感じられます。

裾部分。
ギャザーになっているお陰で、丸みを帯びたシルエットを作り出しています。

腰にはドローコードが付いているので、容易にサイズ調節が可能。ほとんどの体型の方が履くことができます。
170cm痩せ型でサイズ2(最小サイズ)を購入しましたが、ギュッと絞って履いています。

サイズ3は180cm以上の方やオーバーサイズに着たい方にオススメされるそうです。

ポケットは前に二つと、後ろに二つ。
2019年以前は後ろポケットが無かったそうですが、アップデートされ現在では後ろポケットが付くようになりました。

置き画だけでは分かりづらいので、実際に着てみた状態でも紹介。
歩くとパンツ後ろの生地がカラスの尾のように靡くことから命名されたカラスパンツ(公式サイトではCrowPantsとも呼称)
横から見るとこのような感じになります。生地が遅れて動く感じがカッコいい。

クロップドパンツのような、8部丈ほどの丈感
画像では靴下を履いていますが、素足になると一気に夏っぽくなります。

お手入れについて

コットン100%ではありますが、タグによるとこのパンツは水洗いでの洗濯NG
クリーニングをお勧めしていますが、僕は構わず洗濯機に突っ込んで水洗いしています
コットンは元々水に強い素材ですし、ヨウジの安価ラインsyteでもコットンのものは洗濯可の表記がされているものが多々あるため、普通に洗ってしまっています。

型崩れや色落ちが懸念されますが、今のところその心配は無くガンガン着てガンガン洗っています。
むしろ洗いまくってコットン特有のシワが付いている方が、素材ならではの感じが出て良いのかなとも思ったり。
買って数回の洗濯では色落ちはまだ目立ちませんが、どうなっていくのかは実際に履き続けて試していきたいと思います。
(洗濯は自己責任でお願いします)

実際に着てみた

T-Shirt : +J(M)
Pants : Yohji Yamamoto Pour Homme(2)
Shoes : foot the coacher(25.5)

白Tシャツ白スニーカーと合わせたシンプルなスタイル。
真夏はこのセットで着ることが増えそうです。

Shirt : MaisonMIHARAYASUHIRO(44)
Pants : Yohji Yamamoto Pour Homme(2)
Shoes : Dr.martens(26.0)

シャツと合わせてみた感じがこちら。
真夏ほど暑くはない、今すぐに着れる組み合わせです。
マーチンとの相性抜群。

夏はこればかりになりそう

コットンのカラスパンツ、最高です。
「洗えないらしい」ということで今まで躊躇していたヨウジのコットンのパンツでしたが、実際に履いて洗ってみると意外と大丈夫だなと思って愛用しています。
自宅洗濯は自己責任ではあるのですが、同じ悩みでコットン素材のアイテムを購入するか迷っている方の参考になればと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

心地いい部屋を作ることが趣味なアラサー男子。ファッションやカメラ、ウルトラマンなどが好きです。

コメント

コメントする

目次
閉じる